toggle
Blog
2017-05-25 | Blog

もっと壁に和紙をスムーズに施工できたら

IMG_1874

紙を作りだして14年目?になります。その間いつも迷いに迷うのが 「壁に和紙施工」。
壁に和紙を使って頂くやり方は何通りかあります。
①紙漉思考室が施工まで請け負う場合 紙を選んで頂き、表具師もしくは私達が施工しに行きます。
②お客様が紙のみご購入頂く場合 工務店関係の方が施工、もしくはお客様ご自身で施工。

①②とも紙を壁に貼る時の施工です。
この2つのやり方でほとんど行われております。②に関してはお客様が素材(和紙)をお求めになってからの事なので色々とやり方があると思います。問題は①の時です。施工まで請け負う場合に長所、短所がありその時その時の場面に応じた対応をしております。これから書く事ははお客様の立場も含めた長所と短所になります。

長所
金額、風合いによってべた貼り、袋貼りが可能。紙のサイズが自由に貼れデザイン出来る。紙の耳を活かした見せ方ができる等

短所
近県しか対応が難しい。汚れた際の貼り替えが難しい。現場で紙のカットなどをするとロスが出やすい。クロスと違って現場での施工は難しい等

この短所を踏まえて現場施工をするのですが前々からもっと良いやり方はないか考えておりました。
貼り方によってはクロスと違い施工が少し手がかかってしまう事も事実です。もっと身近に色んな方に壁に和紙を使用して頂けるやり方を・・・。

そこで和紙をパネル等に貼り販売できないかと考えております。ここ6年ほど自分なりに考えているのですが堂々巡りで良い案があまり浮かびません。
ここからは和紙がパネルみたいになっていると仮定しての長所、短所。

長所
施工が容易になる。遠い所でも対応可能。汚れた部分の貼り替えもしやすい。紙漉思考室で貼る加工から一貫して出来れば紙のロスが出にくい等。

短所
パネルを組み合わせていくやり方だと耳を活かした感じが出にくい。
実はまだパネルの下地が決まらない!!下地の質も大切にしたいのです。

一番の難題はこの短所の下地が良い物が見つからず悩んでおります。はじめは下地を薄い木にして貼ろうと考えました。自分が住んでいる唐津市七山は植林が盛んですが今の時代あまり値がつかないので手入れも以前よりされていない所が多々あります。木を使う事で山のサイクルが少しでも良くなればと思い下地の素材として考えました。しかし木の板に紙を貼りましたがどうしても反ってしまいます。反ってしまうと使えません。もちろんMDFも同じく反りました。きっと材木を扱う方からしてみれば「当たり前」と思われると思います。。
軽くて、反らなくて、自然な物で・・・。

※もし良い素材の情報をお持ちの方、又は和紙のパネルに興味がある方はお気軽にご連絡下さい。
そもそもパネルにしても使いたいと思う方がいらっしゃらなければ自分の独りよがりなので色んな方の色んなご意見を伺えたらと思います。
昔と違って生活空間で和紙を使う場所が大変少なくなってきました。今の家は障子がない事も多いと思います。紙漉思考室では生活の一部に紙が綺麗に溶け込めたらと思い紙を漉いております。気軽に使いやすい紙のパネルが出来ればと思います。どうぞ宜しくお願いします!

※そして同時に和紙貼りの施工をして頂ける方も募集させて頂きます。
今は自分達も施工には行っておりますがべた貼りの場合はクロス屋さんの方が慣れていると思います。現場施工は大変ですがパネルには出来ない事も多々あります。質感等大切にする内装業者の方でクロスだけではなく和紙などを貼ってみたい方、もしくは興味がある方はお気軽にご連絡下さい。表装技能士の方大歓迎です!こちらもどうぞ宜しくお願いします。

IMG_3582

IMG_3596

IMG_0066
IMG_7445

 

2017-05-05 | Blog, Works

[graphic]nunusaaa タグ

Cliant:
nunusaaa

Design&Photograph:
Seiichi Maesaki

Works:
●商品タグ/土佐楮緑 胡粉入り 黒ベンガラ染め等

SYUの前崎成一氏よりタグに使える紙のご相談を頂きました。タグに合う厚くどっしりとした紙を御提案。落ち着いた色の土佐楮の緑、白くてしっとりっとした胡粉入り楮紙、黒ベンガラで淡く染めた楮紙等。印刷は亜鉛で版を作り活版印刷で仕上げて頂きました。名前の欄にチェックを入れると誰の作品か一瞬で分かる見やすいデザインのタグ。

17554934_10154415462842078_734040577_n

2017-04-27 | Blog, Works

[graphic] 櫨ノ谷窯 名刺

Cliant:
櫨ノ谷窯 様

Designer:
ブルームーンデザイン事務所

Works:
●七山産耳付き三椏名刺/亜鉛版活版印刷

以前より交流のある佐賀県伊万里市南波多町で作陶されている櫨ノ谷窯様より名刺のご依頼を受けました。
すっきりとバランスの良い名刺のデザインはこれまたいつもお世話になっているブルームーンデザイン事務所の中川たくまさん。
名刺の原料は自宅裏に少しだけ栽培している七山産の三椏を使用。IMG_7768
今まで沢山の名刺を製作させて頂きました。
しかしご紹介する事が少なかったので今後はお客様の許可を頂けた物に関してはご紹介させて頂けたらと思います。
名刺のご注文はこちらをご覧ください。

2017-04-27 | Blog

漉き場びらき ありがとうございました!

紙漉思考室の初めての漉き場びらきは4月15(土)、16日(日)、そして急遽17日(月)に行いました。 七山までお越し頂き大変ありがとうございました!平日も一日と言う事で急遽追加で月曜日も延長しましたが俗に言うバケツをひっくり返したような大雨が。。。 助手と事務仕事をしながらお客様を待っている時の会話、助手「この雨でお客様はいらっしゃらないなーー」と一言、私は「いや、きっとお越しになる」と賭けをしました。 そしてお昼を過ぎたころありえない大雨の中、車が敷地に入った瞬間二人ともあたふたしながらお客様をお出迎えww大雨の中、本当にありがとうございました! 普段黙々と作業ばかりで初めての漉き場での小さなイベントでしたがこの三日間いろんなお客様とお話しが出来て有意義なイベントに。 七山で紙漉きをはじめてはや10年目?もう10年?色んな方に紙を気軽に使って頂けるようまたこの様なイベントを考えていきたいと思います。今後ともどうぞ宜しくお願いします!

 

くまさん2週間ほど七山の住民になりました。蔵さんありがとうございました!

IMG_0592

2人での接客の為全く写真がーーー当日はこんな感じでした。 IMG_7740
漉き場は看板もない、案内は急遽揉み紙とミシンで製作した旗を!
IMG_7745

2017-04-07 | Blog

漉き場びらき

逕サ蜒・蟾・謌ソ縺ョ迺ー蠅・02_DSC03907 - コピーとてもとても急ですが4月15(土)、16日(日)に紙漉思考室の仕事場をひっそりとオープンします。
時間は10時~16時。

普段、小ロットからの受注生産で紙を製作しております。一般のお客様に度々仕事場を見てみたいとご連絡を頂きますがShop形態ではない為、対応出来ない事がありました。今回2日間だけですが気軽に足をお運び頂ける日を設けました。お越しいただけると幸いです。
なおこの2日間は和紙の製造は行っておりません。

内容は紙漉思考室の紙を使ったWorks『product、graphic』等の事例の展示、そして紙の販売です。実は今回後者がメインとなります。今回販売する紙は製作の過程で出たカットされた紙や、sampleで製作した紙、そして枚数が半端な在庫の紙等です。収納場所が限られている為、梅雨が来る前に紙の整理整頓したいのです!なのでバタバタですが今回開催する事にしました。

カットされた紙は色んなサイズが有るので使い方次第ではお宝ですww。商品のキャプションやちょっとしたお手紙に、細くカットされた紙はヨリヨリ、よりをかけて紙糸にしたり等。sampleで製作された紙は壁紙、建具等の厚手の紙も有ります。本当に半端な枚数で小さい紙は量り売りなんかも考えております。こんな感じな2日間なのでお気軽にお越し下さい。どんな紙があるか随時Facebook『紙漉思考室』、Twitter『紙漉思考室』、Instagram『shikoushitsu』でUPします。宜しければそちらものぞいて頂けると嬉しいです。
春の七山へ是非お越しください!お待ちしております。

 

〒847-1104佐賀県唐津市七山木浦1386 Tel/Fax: 0955-58-2215

2017-04-01 | Blog

石井直人 土鍋展と豆

東京での会期は明日までです。是非足をお運びください!
大阪/ MAISONでの会期中に行われた石井直人さんの土鍋を使った一夜限りの食事会。料理人は後藤しおりさん。その食事会のしつらえの中に紙漉思考室の紙があります。さりげなく紙を使ってくれるTERUHIRO YANAGIHARA さん、空間に溶け込んでいて嬉しく思います。DSC_0299

                           Photo: Manon de Vanssay, courtesy of TERUHIRO YANAGIHARA/
土佐楮の石灰で煮た赤っぽい紙を
マットとして

DSC_0174                           Photo: Manon de Vanssay, courtesy of TERUHIRO YANAGIHARA/

 


石井直人 土鍋展と豆

京丹波に登り窯を構える、陶芸家 石井直人が昨年末に窯入れした土鍋を、大阪と東京で展示します。
大阪では石井直人の土鍋をこよなく愛する、料理人 後藤しおりによる食事会が開かれます。

[ 大阪展 ]
日程:2017年3月24日(金) – 26日(日)
時間:12:00 – 19:00
会場:/ MAISON(541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館)

[ 東京展 ]
日程:2017年3月31日(金) – 4月2日(日)
時間:12:00 – 19:00 ※4月1日のみ15:00 – 19:00
会場:豆 / とう (154-0017 東京都世田谷区世田谷1-17-4)

/ 豆
後藤しおりによる石井直人の土鍋を使った一夜限りの食事会

日程:2017年3月24日(金)
時間:19:00 – 21:00 (受付18:30-)
会場:/ MAISON(541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-1-16 丼池繊維会館)
定員:10名 (先着・要予約)
参加費:5,500円(税込) ※当日現金にてお支払いください。
予約開始:3月17日(金)12:00から
予約方法:お名前 / ご連絡先を明記の上、ご連絡ください。
連絡先:rinko@teruhiroyanagihara.jp (担当:田中)
※予約開始前は無効になりますのでお気をつけ下さい。

石井直人 / 陶芸家
1954年 京都生まれ
1980年 広島大学総合科学部 安藤昌益研究 在学中より 環境問題の社会問題化に伴い「土」を探る。
1981−83年 広島県北部にて農耕生活
1984−87年 伊賀 土楽陶苑にて修行
1992年 京丹波町に原野を取得 開墾
1993年 庵、懐玄軒建設
1994年 登り窯を築く 古民家移築 初窯焼成
2009年 新工房 開設
日本国内の様々なギャラリーや百貨店などで発表、韓国ソウルにて個展
窯変の作品は 近年、欧州の美術愛好家などに評価されている。
www.dokkatouyu.com

後藤しおり / 料理人
ブータン料理店、野菜料理店などを経て2012年に独立。世田谷を拠点に、仕出し料理、出張料理人として活動。日常食、季節料理、御節句の弁当や詰め合わせなどの他、催事、会社への仕出しや出張料理を行なう。
www.gotoshiori.com

Naoto Ishii Exihibition

Ceramic artist Naoto Ishii, setting up the Climibing kiln in Kyotamba,
will exihibit his pots which were put in the kiln the end of last year in Osaka and Tokyo.
For Osaka,we will be holding a special dinner
by a chef Shiori Goto, who is also a lover of Naoto Ishii’s pot.

[ OSAKA ]
Date:24 (fri) – 26 (sun) March 2017
Time:12:00 – 19:00
Venue:/ MAISON ( 3-1-16 Kyutaromachi Chuo-ku Osaka 541-0056 Japan )

[ TOKYO ]
Date:31 (fri) March – 2 (sun) April 2017
Time:12:00 – 19:00
Venue:豆 / Tou ( 1-17-4 Setagaya Setagaya-ku Tokyo 154-0017 Japan )

/ 豆
Special dinner by Shiori Goto

Date:24 (fri) March 2017
Time:19:00 – 21:00 (reception 18:30- )
Venue:/ MAISON(3-1-16 Kyutaromachi Chuo-ku Osaka 541-0056 Japan )
Capacity:10 (reservation required, on a first-come- first-served basis)
Participation fee:5,500 yen(tax included) ※Please pay in cash on the day.
Reservation method:Registration starts on 17 (fri) March at 12:00.
※Please note reservation will not be accepted before the date.
※Please send an email of your name and contact information to Rinko@teruhiroyanagihara.jp

Naoto Ishii / Ceramic artist
1954, born in Kyoto
1980, He researched for soil during the study in Syoueki Ando research in Hiroshima University School of Integrated Arts and Sciences. During his study, along with the social problem of environmental issues he exploreed the “soil”.
1981-83, Agricultural life in north of Hiroshima prefecture.
1984-87, Training at Doraku touen in Iga province.
1992, Got wild field in Kyotanba-cho. He reclaminated the land.
1993, Built hermitage called “Kaigenken”
1994, Built a climbing kiln. Relocate the old folk house. Firing first kiln.
2009, Opening new workshop.
His works were presented at various galleries and department stores in Japan.
He held a solo exhibition in Seoul, South Korea.
“Yohen” in recent years, has been evaluated in European art lovers.
www.dokkatouyu.com

Shiori Goto / Chef
She founded her food studio in 2012 after working Bhutan restaurant, vegetable restaurant etc.
Based in Setagaya, Tokyo. She works as a caterer, catering chef. She does daily meals, seasonal dishes, lunch boxes and events.
www.gotoshiori.com

 

 

 

/ MAISON
3-1-16 Kyutaromachi Chuo-ku Osaka 541-0056 Japan
Open Hours: 12:00-19:00
Close: Wednesday and Thursday
Tel: +81(0) 6 6281 8049
Mail: hello@teruhiroyanagihara.jp

2017-03-28 | Blog, Works

[服飾] 和紙のクラッチバッグ

Cliant:
千部山 真教寺様

Direction&Photograph:
Seiichi Maesaki

Works:
●クラッチバッグ/土佐楮黒ベンガラ染め(こんにゃく加工)

法要記念の品として和紙のクラッチバッグを製作させて頂きました。お使いになられる方は同じ宗派のご住職の皆さま。色は落ち着いたライトグレーの紙を使用し強度を持たせるためにこんにゃく加工も施しております。
丁寧な縫製はいつもお世話になっている岩村泰子さん。

17578035_10154415462047078_732518052_n
内側は綿を使用し浄土真宗の紋である「下がり藤」をシルクスクリーンで印刷。
17555135_10154415462507078_407441075_n

2017-01-06 | Blog

2017  年賀状

旧年中は皆様お世話になりました。本年もどうぞ宜しくお願いします。

今年の年賀状もデザインはSYUの前崎成一さん、印刷は福岡の森田印刷さん。

 
img_3024%e3%80%802017%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6

紙漉思考室は七山で紙を漉きはじめて10年目になります。初心に戻る気持ちでまっさらな紙を漉きました。
雪のように白い紙をイメージして楮の原料に胡粉を入れて紙にしました。
重厚な紙にする代償として、紙を厚く漉いた事により重量が重くなり52円切手ではなく82円になってしまいましたww。
そしてしっとりした質感を出すため胡粉も少々入れ過ぎております。ところによっては配達の都合でしわ(胡粉の入れ過ぎの為紙にコシがなくなる為)が入った年賀状になっているかもしれません。申し訳ございません。

そんな年賀状ですがあと何枚か在庫があります。紙好きの方、実際手にとってご覧になりたい方こちらに住所等メール頂ければ年賀状を送らせて頂きます。在庫がなくなり次第終了させて頂きます。

本年も昨年同様楽しく仕事が出来ればと思います。
皆様どうぞ宜しくお願いします!

2016-12-02 | Blog

12月11日(日)山口県にて!

一日だけの特別なイベントに参加させて頂きます!一日だけでは本当にもったいない!!
そんなイベントです。紙のものを少しずつ準備しております。
皆様12月11日(日)は是非cafe & gallery AUTOMATON

omote

ura『冬じたく』

2016年12月11日(日) 11:00~18:00

素敵なお店や作家がオートマトンに集まるスペシャルな1日。
心も身体もあたたまりに来てくださいね!

・CASICO(タコス・温まるスープ/広島)
・CAPIME coffee(喫茶・珈琲豆/山口)
・紙漉思考室(和紙製品/佐賀)
・KifuL(ブラシ・生活雑貨/福岡)
・cokeco(革製品/福岡)
・DOUBLE=DOUBLE FURNITURE(木製テーブルウェア/福岡)
・保手濱 拓(絵・カレンダー/山口)
・AUTOMATON(オートマタ・自家製酵母のベーグル・お菓子/山口)
・ごはん屋 ヒバリ(季節の瓶詰め/東京) ※商品のみ

cafe & gallery AUTOMATON
〒754-1101 山口県山口市秋穂東7737
TEL 083-984-2072
http://automaton.nizo.jp/

自動車 山口南ICより約15分、防府東ICより約20分
防長バス JR大道駅より約16分、 JR防府駅より約34分、青江バス停より徒歩3分

2016-09-20 | Blog, Works

[インテリア]テーブルクロス

Cliant:
Teruhiro Yanagihara

Photograph:
Takumi Ota, courtesy of 2016/ .

Works:
●テーブルクロス/ 楮 黒ベンガラ染めライトグレ-(3660㎜×1270㎜、2660㎜×1270㎜)こんにゃく皺加工

armx16_311_mg_3974_l
2016ミラノサローネで2016/Aritaが発表されました。そのレセプションパーティーの際に使用されるテーブルクロスを紙漉思考室が制作させて頂きました。テーブルクロスとして使用するため自然の物で強度を高める必要があり、こんにゃく皺加工を施しました。そうする事により少々の汚れも軽く水洗いが出来るようになります。

armx16_314_mg_3982_l

色は黒ベンガラでほんのりライトグレーに染めております。

1 2 3 4 5